【長野市・一茶】ほのぼの〜な懐かしい居酒屋さん。

今年になって、新久千映さんの「ワカコ酒」という漫画にドハマリしてしまい

益々一人呑みに拍車がかかってしまっているのですが、行きつけのお店はどちらかと言うと「じっくり味わってゆっくり呑む」というペースに向いていて、もっとコンビニ的に便利な感じで行けるお店はないかしら、、と思っていたところ。
ネットで「一茶」という緑町通りにあるお店を見つけて、試しに、と行ってみました。

入ってみると、ご主人の威勢のいいご挨拶が。
カウンターにテーブルに小上がり。
長さも奥行きもある立派なカウンターはキレイに磨かれていて好印象。
車だったので、ノンアルコールビール。
とにかく小腹を満たしたいなーと思っていたので、お野菜系のおつまみを2種ほど注文。
テレビでは男子スピードスケートが中継中。
お客さんそれぞれ画面を気にしてました。

まずやってきたのがごぼうの唐揚げ。
15センチぐらいの長さのごぼうが、からりんと。

外はサク!んん!?ごぼうってこんなに甘かったっけ?
シコシコ・ほくほくとした歯ごたえが程よく残ったあまーいごぼうと衣のしょっぱさ。
出てきた瞬間「うお、これはボリューミー」とちょっとびびったのですが、なんのなんの。
こんなもんぺろりんです。テレビ見ながら永久運動でぺろりんです。
そこをぐっとこらえて、ノンアルビールでちびちびと。。。

もう一品は「えびアボカド」これもまたいいボリュウム。
しっかり辛いわさびマヨネーズにポリッと感じるスパイスは「黒胡椒だ!」
エビはぷりぷり、アボカドまったり。
うん、これはもうゴールデンコンビ。間違い無し。



テレビを見ながら、女将さんや大将と「すごいねえ」だの「惜しかったねえ」だのとおしゃべり。
ぱっ見愛想のない感じに思えるけど、声をかけてみるといい感じのおとうさんとおかあさんでした。

隣のお客さんの餃子がすごい気になったけど、まさかじーっと見てるわけにも行かず、、、、
メニューには「手作り餃子・シュウマイ」の文字。
うほー、でももうお腹いっぱい。
気になるメニューがいっぱい有ったので、また行ってちびちびやりたいと思いますw
スポンサーサイト

【長野市・ロッサーナ】ワインならここで。

寒い数日が過ぎて、今日はうって変わって暖かい日差しが(>ω<)うほー!
嬉しいですね。

お正月明けから、おなじみのお店に時間を見つけてはご挨拶に伺ってるんですが、昨日はロッサーナさんへ。
まだ明るいうちから呑んでやるんだ〜、と、ウフフアハハでうかがいました。

スタートはスパークリングな白。夏の間に「スタートは泡」を覚えてしまって、ちょっとハマっています。
前菜プレートはおなじみメニューもあれば、珍しい物もあり。50ヶ月も眠っていたブーブーさんは脂が甘くて美味しいー。
DSC_8376.jpg
今回は「にんじんラペにしようと思ったけど、スライサーで薄切りにしたところで面倒になって千切りやめちゃってそのまま漬けちゃった」が食感が不思議と面白くて美味しくてw
立石さんは「千枚漬け」と言ってましたが、まさしく!
安定の美味しさ、白レバーのヴェネト風をちまちま食べなから、その濃厚な味を爽やかな白で流し込めば、もう最高。

昨日はサーモンと鹿さんをいただきました。
DSC_8380.jpg
サーモンはやっぱり皮が美味しいよね!と。
信州サーモンが出始めた頃、とろっとして美味しいサーモンだなあと思ったのですが、最近はどこで食べてもなんだかぱっとしないなあと感じていたのです。ところが、立石さんのところで食べて、改めて思いました。美味しい。これ美味しい。
ワインは、より果実味が強い、でも後味がスパイシーな白。
サーモンの脂、甘み、スパイスの香りにも負けない、あるいはそれらを際立たせて、飽きさせないような。

そして鹿さんです。鹿さん。
DSC_8381.jpg
この鹿、すごいんです。
柔らかくって優しいんです。びっくりします。
噛みごたえのぎゅっとしたお肉もいいですが、これはふわーっという言葉がぴったりな食感。なんだろう、なんの食感が近いかな。
そうだな、はんぺんみたいな。もうふわー、しゅわー。
でもちゃんとお肉の特性、血の感じもいい具合にして。
合わせてくださったのは、軽やかで、存在感の確かな赤。
軽薄ではない、意志をもった軽さ。鹿肉の味わいに寄り添って、切れ味爽快。

そして飲んだ銘柄を覚えない私w
だって立石さんにおまかせするのが、一番間違いないんですもの。

よく考えるまでもなく、私、最近立石さんのところでしかワイン飲まないんです。
ワイナリーに直接行って買って自宅で飲むものが1,2本ありますが、それは飲食店で出会わないものなので、しかも年に1度あるかないか。ですからまあ、例外として。
それにしても立石さんのところで飲むワインはどうしてこんなに美味しいのか。
(立石さんのとこで出したものと同じワインを個人的に取り寄せた方が、味が違いすぎるのでインポーターにクレームをつけたとかいう笑い話があるとかないとか。)
美味しく呑みたいですよね、折角ならば。

ワインがお好きな方はもちろんですが、ワイン初心者でもワインに興味がある・よくわからないけど楽しみたいと思ってる方にはぜひ行っていただきたい。ワインに対する印象が変わること間違いないです。

食べ物の話ばかり書いてしまいましたが、立石さんのお店は、「ワインバー」です。ワインをお飲みにならない方は「ごめんなさい」されます。
立石さんのお料理は、ワインのためのお料理なのです。
それから予約必須です。お店を覗いたら空いてるから、、、と突然行ってもやっぱり「ごめんなさい」されます。

お店の情報
TavernaRossana
長野県長野市鶴賀権堂2337
080-1168-5734 立石
水木金土 19:00-25:00
日、祝日 14:00-20:00
月火 定休日
※営業日はすべて要予約です。

素敵ワインバー【長野市 タベルナ・ロッサーナ】

こちらのお店とのおつきあいは、かれこれ何年前でしょうか。
前身である「トリオンフォ」の頃です。

失礼ながら、私はオーナーである立石さんが、過去どんな素晴らしいお仕事をしてきたのか、ということを、よく知りません。
それなのにありがたくもご縁を得て、折にふれてお誘いいただき、素晴らしい体験をさせていただきました。
DSC_6468.jpg
好きなものしか乗ってない、夜の前菜プレート。

わかるのは、今、私の前に出される一皿一皿が、美しくて美味しくて、愛おしくてたまらないのだということ。
立石さんのお料理は、懐かしい感じと同じくらいの驚き、そして楽しい気持ちが沸き上がってくるようなお料理。
ワインを、お料理を、お客様を大切に大切に思ってくださっているのだなーと、感じます。
DSC_6474.jpg
やわらかーいタコのマリネ。

上質でありながら、決して気取らず。

月曜日から水曜日は「遅ランチ」。オープンはなんと14時。
お野菜の前菜がついて800円とは良心的。
ランチメニューは色々替わりますが、大体パスタ2種類とカレーとパンプレートみたいな感じ。
DSC_6457.jpg
私は今のところパスタばかりを頂いていますが、運が良ければアツアツとろーんのラザニアとかも。

夜は夜ですごいんです。
DSC_6477.jpg
えすかるごーーーーー!
甘いなんて!甘いなんて!美味しすぎる!

決まったメニューはありません。なにがあるかな?何が出てくるのかな?
ワクワクしながらお待ち下さい。

お店はカウンター8席+5名ぐらいの小上がり席(使用に条件アリ)。
以前「次郎長」さんという焼き鳥屋さんだったそうです。
権堂郵便局の通りを善光寺に向かって登ったところです。

TavernaRossana
長野県長野市鶴賀権堂2337
080-1168-5734 立石
水木金土 19:00-25:00
日、祝日 14:00-20:00
月火 定休日
※営業日はすべて要予約です。【2018.1現在】

油断大敵、、、【小谷村・おたり名産館】

こんばんは。寒い。寒いったら寒い。


昨日小谷に行った時、お蕎麦を食べたのですが。
そこのサイドメニューに「そばいなり」っていうのがあって。

き☆らーーーーーーーーん(ΦωΦ)


我が家には「いなりそば」という「マイベスト・おふくろの味」があるわけですが、他所で食べたことはございませんで、そりゃもう気になりまして。
うーむこれは食べずにおれまいて。
ということで、天然きのこの温かいお蕎麦と共に一つ頂きました。
DSC_5067.jpg

さてどんなんじゃろか。
まずはお蕎麦が伸びてはいかんので、さっさとずるずるずるずる。。。。はーうまし。
地元のお母さんたちが作っているので、洗練された感じはないですが、それが良い感じ。
そして。
そばいなりは。


ぬお!?Σ(゚Д゚)

まよねーずのあじが!するよ!Σ(゚Д゚)

あまいおあげのなかに!Σ(゚Д゚)

わさびまよねーずてきなものをまとったおそばがいるよ!!Σ(゚Д゚)


う、ううううむ。。。。
味付けがあまりに違うので、比較できるものではありませんが。。。
まあ、「そばサラダ」っつって、蕎麦にドレッシングかけたり、「サラダうどん」っつってぶっかけうどんにマヨネーズかけたりするのに近い発想かも。
決してナシでは無い(むしろちょっと好きかも)けど、なんつーか、裏切られ方がすごくてなにこの虚脱感。。。。( ゚д゚)
ああびっくりした、、、まさかこんなハイカラな味付けだとわ。。。。

◆秋の小谷の音楽会
日時:11月8日(日曜) 開演午後7時(開場6時予定)
会場:ロッジしろがね(小谷村白馬乗鞍高原)
料金:3000円(お食事・ワンドリンク付)事前予約制
出演:M/S/T(小林マコト・Sue・塩津知広)
ゲスト:小谷村公民館講座「J-POPを歌おう」受講生
ご予約・お問合せ先 050-5806-1262(スズキ)
コメント・メッセージ、または出演メンバー宛にご予約下さい。
★Jazzを中心にお馴染みのナンバーまで、のんびりお楽しみ下さいませ。
お食事のご用意の関係上、事前にご予約下さい。

プチ旅行?(全然プチじゃなかった)

先週、一日半のオフがあったので、京都に恒例の弾丸ツアーしてきました。
夜までの仕事を終わらせたら、ちょっと休憩して出発。
のんびり走行でしたが早朝には京都駅前に到着。
友人との待ち合わせ時間までちょっと仮眠して、駅で合流。
DSC_3832.jpg

青空に京都タワーが映えますな。

合流後、嵐山へ移動。ここで「シャッター押してもらっていいですか?」と言われることたくさん。
「1回100円とかだったら案外儲かるかもしれん」などとヨコシマなことを考えるわたくし。
DSC_3834.jpg

本当はお買い物をしたかったのですが、お目当ての品が見つからず撤退しました。

京都駅に戻って駅ビルで早お昼。
前菜とサラダがビュッフェ形式なのがステキ。
はいこれ一回戦
DSC_3835.jpg
気に入ったらリピート!
グリーンピースLOVEでございます。上手に茹でれば、冷凍モノも相当美味しいですから~。
DSC_3836.jpg
パスタとピザを友人とシェアして、デザートまでしっかり頂いたら、移動。
京都御所の見学です。
ここで。。。スマホのバッテリーが持たず、カメラ起動せず。。。。
しかし素晴らしいお庭の中を、1時間あっという間のお散歩でした。
楽しかったので今度は紅葉の時期に行きたいと思います。

そして御所を出て再び京都駅に戻り、友人は買い物、私はそれを待っている間スマホを急速充電。しばしの休憩を挟んで駅周辺の路地をブラブラと歩きながら、水族館へ~。
私は年間パスポート持つぐらい京都水族館が好きなのです!!
京都水族館は、不思議なぐらいオオサンショウウオ押しです。
DSC_3906.jpg
売店でこんなのが売ってるぐらい。入り口はいって最初にあるのもオオサンショウウオです。
DSC_3861.jpg
大水槽もそんなに大きくはないんだけど趣きのある水族館です。
DSC_3889.jpg
友人お気に入りはクラゲの水槽。綺麗ですよね。

夕飯も駅近くの居酒屋で食べ、えっちらおっちら移動を開始。
京都に入るときは中央道経由だったので、せっかくだからと金沢に立ち寄りました。

そうは言ってもあんまり時間がないので近江町市場へ。
DSC_3915.jpg
市場ってテンション上がるわあ~
DSC_3916.jpg
市場の飲食店は、8時になればだいたい開いているので朝ごはん。豪華。どえらいです。
海産物系の買い物をして、長野に帰ってきました。

ちょっと寝不足だったりしましたが、しっかり充電。きれいなものをたくさん見て、美味しいものをたくさん食べました。
これから色んな作業が立て込んでくる時期なのですが、頑張れそうです!

ああ、ちょっとスッキリした。。。

今日は久しぶりにまーるまるのオフ。
早起きしてお部屋の掃除やら楽譜の整理やら。。。お部屋はストーブでぽかぽかにしつつ。
灯油が安くなってきてくれたので、ぬっくぬくです。

そして、一段落したところでお台所へ。上手かどうかはわかりませんが、料理はかなりストレス発散になっています。
(なのでシアトル滞在もキッチン付きの部屋でないとダメなんです。。。)

今日は以前大量の杏を頂いた時に使おうかと思って、結局使わずに済んでしまったホワイトリカー&氷砂糖&保存瓶を何とかするべく、最近親戚から巡ってきた大量の紅茶葉で紅茶酒を仕込んでみました。

1500ccの巨大な保存瓶はさすがに煮沸消毒できないので、沸騰したお湯をまわしかけて乾燥させた後、ホワイトリカーで湿らせたキッチンペーパーで内部を拭き。
氷砂糖適量と、紅茶葉はもういろんなティーパックをばらしてブレンドしました。20個ぐらい多分使ったので、40グラムぐらいかな。2週間を目処に茶葉をひきあげるので、お茶パックに入れてから瓶にどーーん。
ホワイトリカーどぼどぼーーーー!
DSC_3371.jpg
はい。終了。
これで涼しいところで寝かせます。茶葉を引き上げる頃には、氷砂糖も溶けきってるとは思うのですが、ホワイトリカーのとんがった感じが抜けるには一ヶ月はかかるので、バレンタイン以降がきっと飲み頃。もっと寝かせて花見酒にしてもよいでしょう~♪

そして。
もう一つは先日勢いに任せて作ったトマトソースのベースを元にして、ビーフシチューを。
土鍋で。

産直の販売店で買った、はねだしトマトのざく切りに、セロリと玉ねぎ・人参を一緒にオリーブオイルで炒め、フードプロセッサーでがーーーっとやってペースト状にしたものが冷蔵庫にあったので、これをどーにかしましょーと。
挽き肉とカレールゥをいれて、キーマカレーにしようかなーと思ったのですが、ビーフシチューに路線変更。
土鍋にあけて、水とルゥを適量入れたところで、肉なしシチューのつもりで完成~と思っていたのが、なんと冷凍庫に頂きもののローストビーフの切り落としがいることを思い出しました!よしよしこれこれ、ぽいぽいぽいっと。
ついでに大好きなきのこも入れようと、えのきをざくざくぽいぽいぽい。
ストーブの頭の上でぐつぐつ~。
DSC_3377.jpg

で、こんな感じ。
DSC_3372.jpg
よくわかんないな、これw
見た目には具なしですが、野菜はかなり使ってます。
トマトの酸味が効いて、結構濃厚。ルゥはそんなに入れてないんだけどな~。

このトマトペースト、便利なんでトマトを持て余したら作るといいかもなー。
ミートソースにもなるし、コンソメ入れてスープ仕立てにするのもありかも。

はああ~スッキリ!リフレッシュしました。明日からまたがんばろー!

♪♪2月のライブが決定しました!!!!
◆パディーズカフェジャズライブ
2月14日(土) 15時から 軽井沢町 パディーズカフェ
w/DABA(小島洋一郎・Gt)
投げ銭制(喫茶メニューをご注文ください)
☆バレンタインデーに、軽井沢でカフェタイムライブです♪

懐かしく、美味しい。【岩村田・佐久浪花屋】

愛用の腕時計がちょっとご機嫌斜めになったため、時計屋さんにメンテナンスをお願いしてきました。
戴き物で、大切にしていたのですが、文字盤の中が時々曇るようになってしまって。。。
贈り主の方に「もし何かあったらここにお願いするといいですよ」と紹介されていた時計屋さん。
岩村田の商店街にある小さな時計屋さんですが、知る人ぞ知る時計修理では有名なお店だとか。
長野からは遠いところですが、長野で修理に出すより交通費を含めてもずっとお安い見積でした。
手元に戻ってくるのは約一ヶ月後。
なんか寂しいというか、お守りのなくなってしまった、やけに軽い左手首がちょっと切なく。
しゅーんとなっていたのですが。

「あ、そうだ」

時計をくださった方にもう一件教えていただいたお店が、商店街にあったのでした。
それは、たい焼きのお店!「とても美味しいんですよ。」と。
確か「なにわや」さん。。。

「甘い物を食べたら元気になる~♪」と、スマホで調べたところ昨年夏に近所に移転されていました。

おそらくはご自宅のお庭にプレハブを作って、そこで販売されてました。
「佐久浪花屋」さんは、麻布十番にある「浪花屋総本店」さんからの暖簾分けのお店で、
今では珍しい「一丁焼き」のお店です。
せっかくなので、夕方からの仕事先に差し入れしようと少し多めに買って車に戻ると。

車内に甘くて香ばしい、いい匂いが充満!
幸せすぎる!食べたい!いやいや我慢だ!

現場に到着するなり、温めなおしてもらって。さーみんなで食べよう!

DSC_1227.jpg
「元気が無いなら僕をお食べ~」
ぱくーーーーーーー!
薄くてパリパリの皮の中に、程よい甘さのあんこがぎっしり。
うん、ちょっと元気になった。

時計も早く元気になって帰ってきてくれるといいなあ。


さてさて、来週の日曜日、26日は「居酒屋じゃず」さんかいめです。
ぜひぜひご来場くださいませ!
1月26日(日)18時半開宴 ラ・ペーニャにて
2,300円・ワンドリンクと軽食付き

初!【松本市・メーヤウ信大前店】

先日、知り合いの方たちのグループに混ぜてもらって、松本の有名なカレー店、メーヤウに初訪問してきました。
道中も楽しいおしゃべりが盛り上がり、あっという間にお店に。
ついてみると、タッチの差で満席!
でも回転が早いのか、ちょっと待ったらすぐ座れました。
四人がけのテーブルが四つと、カウンターに五人ぐらいが座れます。
「混雑時は相席をお願いします」の張り紙がありました。
学生さんがいっぱいくるんだろうなー。


カレーは、イエロー・レッド・グリーン・ブラック・シーフード・ビーフ・ブラウンだったかな。
それにドライカレーもあったかな。

4人で言った我々は、男性二人が四種盛り、女性陣は二種盛りにして、そこにタイ風焼き飯とドライカレーを。

全部来たらテーブルの上はこんな感じ。
DSC_1179.jpg
カレー祭りじゃー!

ご飯は五分づきの玄米。ドライカレーは考えていたのよりずっと色が薄くて、ぱっと見た感じ「そぼろ」みたい。

さて、ワタクシはレッドカレーと
DSC_1181.jpg

グリーンカレーを。
DSC_1182.jpg

どちらもサラサラ系です。

どのカレーも勿論辛いんですが、旨味があってすごく食べやすいです。
ご飯も多いようでそんなに多くないので、半ライスをおかわりする女子多数かと思われます。

んまー!

ごちそうさまでした!

懐かしい顔ぶれと【須坂市 うまいもん酒場・雫】

須坂市と小布施町を結んでいる403号線ぞいのお店で、お向かいは「どりこ」さんという食堂です。

私の高校時代の友人たちは小布施・高山・須坂の子ばかりなので、集合しようとすると長野まで出ませんw
大体須坂で会場を探すのですが、雫さんは昨年の新年会で初めて行って、「あのお店良かったよね-」というメンバーが多かったので、今回もお願いしました。

特にコースでお願いしたわけでなく、ダラダラと単品を楽しみました。

まず!「セロリのさっぱり漬け」!5人だけど3つ!
個人的には、1人一個でもいいなーと思ってます。
あとは串揚げ盛り合わせ、刺身盛り合わせ、ポテトフライはリピート。
山賊焼きに川エビの唐揚げにシーザーサラダにさきイカの天ぷら。あと海苔巻き食べたね。
あとは飲んでたね!w
久し振りに仲間が全員集まったので、そりゃもう盛り上がりました。

どのお料理も美味しいです。丁寧で。ランチ営業もしてます。
揚げ物がしつこくなくて美味しいお店だなあって思いました。
ポテトフライがあんな勢いでなくなるとはねー。

カウンターも、テーブルも、お座敷もあります。
一人でも、グループでも大丈夫。
駅からはちょっと歩ける距離ではないので、車の移動になると思います。
結構タクシーで来てる人多いです。
宴会コースを申し込むと、代行代金にたいしてのキャッシュバックがあるみたいです。

不定休で、夜は5時からです。

これはちょっとすごいかも!【すいすいパスタ】

先日、ちらっと見かけた「水で戻したパスタ」の文字。


なにそれ?!

ということで、遅ればせながら、追っかけてみました。

・・・ほほう。「ためしてガッテン」の「すいすいパスタ」ですか。なるほど。

ということで、やってみました!面白そうだし!

でもこれ、あらかじめ水につけとくのって、どうなの?かえってめんどくない?

とか考えつつ、、、、

まずステンレスのトレイにいつもの一人分のパスタをいれ、ひたひたぐらいに水をいれまーす。
DSC_0810.jpg

たまたまトレイに斜めに入れて間に合いましたが。。。
ストックバックとかフリーザーバックの大サイズだと余裕で入ります。
でもちょっともったいないかなー。

ゆで時間が8分の、1.7ミリのパスタで、2時間ほど放置しました。

すると。
DSC_0813.jpg

白くてふにゃっとした感じに。

で、片手鍋にこのトレイの水にもう少し足して、お湯を沸かし、沸騰したらふやけたパスタを投入。
DSC_0814.jpg
入れた瞬間黄色くなった!
そしてゆで時間は1分!

あっと言う間です。
そして、湯切りしたパスタは、ぷりんと弾けるような歯ごたえ!
ゆで時間を短くした時のような、白い芯はないのですが、表面にハリと弾力がある感じ。

ソースは、スライス玉ねぎをオリーブ油で炒めて。
冷凍しておいたひき肉とほうれん草とインゲンを足して。
顆粒のコンソメを少々のお水で溶いたもの+ケチャップでお手軽ミートソース。

(写真取る前に食べてしまいました。)

いただきまーーーす。

(´~`)モグモグ

おお。これはすごいかも。いつもとぜんぜん違う。おいしいー。
そして、こころなしかゆっくり食べてもあんまり延びてない感じも。。。

でも食べたくなってから水につけてーって2時間待てないよーと思ったら。
ふやけさせた状態で、冷蔵庫で3日はもつし、水気を切って冷凍も可能だそうで。
さらに、つけとく時間は長くなっちゃっても平気だそうで。

えーじゃあまとめてふやけさせて、小分けして冷凍しておけばいいじゃん!
自家製冷凍食品!w

パスタのゆであげに使う水の量が全然少ないし、鍋を火にかけてる時間も断然短いです。
わざわざおっきいお鍋出さなくて済むから、洗い物もラク。
こりゃ(・∀・)イイネ!!
新しい技を覚えたのでございました。
リンク
お問合せはこちらから
お気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Sue(すぅ)

Author:Sue(すぅ)
Sue(すぅ)


長野県小諸市出身。
 音楽とは無縁の家庭に生まれながらも、6歳からはじめたエレクトーンをきっかけに、以後、部活動などを通じて、三味線・トロンボーン・ヴァイオリンなどを演奏するようになる。
 邦楽・洋楽・クラシック・ジャズ・ポップスとジャンルを問わず音楽に親しみ、吹奏楽団・アマチュアオーケストラなどでの経験を通じてアンサンブル感覚を身につける。
2007年からジャズボーカルを学び、歌い手としてのキャリアをスタートさせる。2012年からは定期的に渡米し、シアトル在住のGreta matassa氏に師事。現地ミュージシャンとの共演を果たす。

自身のライブ活動・イベント演奏のほか、田中恵(Pf)リーダーバンド「Snippy's」にボーカルとして参加。2011年仙台市・定禅寺ストリートジャズフェスティバルに出演、2013年には1stアルバムをリリース。
最近では小林マコト(G)、塩津トモヒロ(Perc)とのユニット「M/S/T(ミスティ)」としての活動を広げている。

講師活動として、長野市・アイミュージックスクールの講師を務めるほか小谷村公民館講座を担当。軽井沢町でも個人レッスンを行っている。

現在はアレクサンダー・テクニークを学びながら、レッスンに取り入れている。
(AT教師ではありません)

Twitter:@aco_sue
facebookもやってます。こちら

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事