次世代を、育てる。

音楽市場が、縮小傾向にあって久しいと言われています。
特にジャズは、イメージとして「コア」「マニア」「難しい」とアレルギー反応を示す方多数。
……そうはいっても居酒屋のBGMはたいていジャズなんですけどね。

さらに長野では、どんなに上質なジャズライブがあっても、メディアに頻繁に登場するような、東京で活躍するビッグネームでなければ集客もままならないケースもたくさん。

もちろん、ビッグネームと言うことは、キャリアも実力も抜きん出である、ということなんですが……。

いかんせん、長野のお客様は若いジャズアーティストには興味がないらしいのです。

そして、客層に若い世代がない!

そりゃそうです、チャージが4000円だ8000円だじゃ、おいそれとは行けない。

先日、ジョナサン・カッツさんとお話しした時に、彼は、
「とにかく若い世代を育てなければ、ジャズと言う音楽は衰退する一方だ」と、嘆いていました。
そのためには、チャージを安くするとか、ワークショップを開くとかして、若いプレイヤーはもちろん、聞き手も支援しなくては、と。

そうなんですよねえ。
良いライブほどチャージが高い。そうなると若い人はなかなか来れない。

それと「往年のビッグジャズプレイヤーを生で聞いた」と鼻息荒いおじさまたちは、若手の音などには聞く耳持たず。
まあ、演奏レベルの問題もあるとは思いますけれども……だから若手のライブのお客様は、いつだって身内や友達。


「耳の肥えたジャズマニア」の皆さんは、もっと青田買いに走って良いんじゃないでしょうか。
ご自分の見識の深さを、既に活躍しているアーティストと会話したとか握手したとか、そういうところで誇示するんじゃなく。
これから活躍しそうな若手に目をかけてあげることで、ご自身の先見の明を誇られた方がよほど素敵だと思うのですけどね。

もちろん若手にも、そういう先輩たちの話を素直に聞ける姿勢と言うのは、当然問われます。
でも、そこで良い関係がもてるのなら、若い世代も、単調な自分の世界観だけの音楽にならず、成長していけると思うのですけれどね。


自分に言い聞かせてるようなところもありますが、つれづれ。

楽しいひととき

Jonathan katz & Andy Wolfのライブ二日目。

今日は機材提供と、お二人をわずかな休憩時間にお買い物にご案内。

ご案内中は、「Sueの英語の勉強のために」と英語で会話( ゜д゜)

ヒアリングは何とかだけど、しゃべれん(^_^;

でも「思ってたよりも全然しゃべれるし、良い発音だよ」と言ってもらえて、ホッ。

先日のホテルラウンジの演奏の時、別のショーのMCを女将さんが英語でやっていたのを聞いて、
これは勉強しなくちゃ!と思っていたのですが……まさかこんなに早く実践に直面するとは((;>_<)

歌詞は、決まっているものを覚えてしまえば良いだけですからねえ……
会話力とは別なのですよ。ええ、ええ……。

ああ頑張ろう。
I must study English so hard....

め、めまぐるしいっ!

お天気も良く、やっと爽やか~な感じになってきましたねえ♪


夕立とか雷とか、ありますけど……(^_^;


さて、先月末。
バラまつりの前日の夜に、急遽弾き語りのご依頼をいただきました。
とっても素敵なホテルのロビーラウンジで、グランドピアノ!
高台のホテルで、見晴らしの良い方向は全面ガラス張りで、ムーディ☆
一時間ほど、演奏させていただきました。
緊張したけど、楽しかったな(*´∀`*)

そして、バラまつり。
案の定、というかバラはほとんど咲いていなかったのですが、お天気は◎。
予想よりもお客様もあり、IMS関係者一同ノリノリ♪
野外イベントも気持ち良くて好きです(*'ー'*)

さて、本日は小布施駅の施設「ろくさいしゃ」でのライブのお手伝いです。
素晴らしいプレイヤー、ジョナサン・カッツとアンディ・ウォルフのデュオです♪
リンク
お問合せはこちらから
お気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Sue(すぅ)

Author:Sue(すぅ)
Sue(すぅ)


長野県小諸市出身。
 音楽とは無縁の家庭に生まれながらも、6歳からはじめたエレクトーンをきっかけに、以後、部活動などを通じて、三味線・トロンボーン・ヴァイオリンなどを演奏するようになる。
 邦楽・洋楽・クラシック・ジャズ・ポップスとジャンルを問わず音楽に親しみ、吹奏楽団・アマチュアオーケストラなどでの経験を通じてアンサンブル感覚を身につける。
2007年からジャズボーカルを学び、歌い手としてのキャリアをスタートさせる。2012年からは定期的に渡米し、シアトル在住のGreta matassa氏に師事。現地ミュージシャンとの共演を果たす。

自身のライブ活動・イベント演奏のほか、田中恵(Pf)リーダーバンド「Snippy's」にボーカルとして参加。2011年仙台市・定禅寺ストリートジャズフェスティバルに出演、2013年には1stアルバムをリリース。
最近では小林マコト(G)、塩津トモヒロ(Perc)とのユニット「M/S/T(ミスティ)」としての活動を広げている。

講師活動として、長野市・アイミュージックスクールの講師を務めるほか小谷村公民館講座を担当。軽井沢町でも個人レッスンを行っている。

現在はアレクサンダー・テクニークを学びながら、レッスンに取り入れている。
(AT教師ではありません)

Twitter:@aco_sue
facebookもやってます。こちら

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事