【シアトル日記2017】Uberを使ってみよう!

DSC_7714.jpg
(脈絡のない、いいお天気写真。)

シアトルでは車を借りないので、面倒なのは「夜間の外出」。行く時は夕暮れ時でもさすがに帰りは深夜です。バスと徒歩移動は怖くてできません。
今までは友人が送ってくれたり、タクシーで帰ったりしたのですが、最近普及してきた「配車アプリ」というのがすごくいいと言うので、これは使ってみよう、という事で、今回は「Uber」というアプリを利用してみました。NYC在住の友人もよく使うと言ってました。
このシステムは、一般の人が自分の車を使ってタクシーのような仕事をすると言うものです。タクシーより格安な事、行き先をアプリ上であらかじめ登録するため説明が不要なこと、アプリに事前にクレジットカードを登録して決済できること、基本的にチップ不要など、割といい事ずくめなのです。
☆日本では「白タク」扱いになってしまうので、現在のところ都市部のタクシー配車のみしているようです

ただし、Uberに関しては、あまり良くない評判が多いのも事実。詐欺(車内を汚したなど嘘の報告をされて清掃代を要求される)とか、ドライバーによる無断キャンセル、乱暴されたなどの事例もあるようです。同じようなアプリで「Lyft」というサービスもあります。こちらはよりドライバーの審査が厳しいとか。これとUberの両方を使っている人が多いようです。

危険度に関しては、その土地柄の問題もあると思いますが、私は日本も危ないと思っています。
東京だって大阪だって深夜の繁華街でフラフラしてればカツアゲされたり、ぼこられて財布取られたり、酔いつぶれてる人が財布すられたり、女の子が酔っぱらいにしつこく付きまとわれたりするでしょ?
なので、日本に居る時と同じぐらい、周囲に気をつけることしかできないなあと思ってます。

Uberの利用方法を説明している動画や記事は結構多いので、
(これおすすめ動画です。https://www.youtube.com/watch?v=CJI6wJM1WHk&t=135s)
私は使ってみての感想を。

私は今回の滞在で4回利用しました。全部夜です。3回はシアトルダウンタウンからウェストシアトルの滞在先までの30分間ほど、あと1回は師匠宅から帰宅する時の10分弱ぐらい。どの回も依頼してから5分程度で車が来てくれました。
初回が15000回以上の乗務経験のある、高評価なドライバーでしたが、その後はそんなベテランには当たりませんでした。
殆どがヒスパニックとか黒人系でした。評価は4以上(最高5)だからそこそこ高かったです。車も清潔で(全部日本車だったなあ)快適な乗車でした。少し英語に癖のある人も居ましたが、そこはお互い様です。これはシアトルという土地柄もあるのでしょうが、みんな紳士的でフレンドリーでした。女性一人での夜の乗車は正直不安でしたが、危険を感じることはありませんでした。
1回、ナンバープレートを外している車にあたりました。ドライバー自体に問題はなかったのですが、評価は下げました。不安になりましたからね。
料金はタクシーよりは安かったです。タクシーだと、呼んでもらうためにお店のスタッフにチップ、運賃と運転手にチップと、結構高くつきます。Uberの場合は、時間帯とか混み具合で料金が変わるようです。同じ場所からの乗車で26ドルと14ドルの時がありました。
乗車前にアプリで到着場所の指定をしておくので、乗ってから説明が不要なのはすごくいいです。特に今回は一般の住宅に滞在していたので、道案内する必要がなく「Here is fine!」と言えば、玄関先でおろしてもらえるのは助かりました。

多少ドキドキすることもありましたが、基本的に安全で便利なサービスだと思ったので、今後も機会があったら使うと思います。
スポンサーサイト

【シアトル日記2017】とっくに帰国してます(^_^;)

いやあ、すいません。
9月30日に無事に帰国しております。
心配だった出入国もなんのトラブルもなく(いや、実はアメリカ出国の時の手荷物検査で少々引っかかりました。お咎めなしですが)、万事順調でした。
今回はレッスン会場でもある師匠の自宅近くに、初のホームステイ方式での滞在だったので、ホストとのコミュニケーションが不安だったのですが、実に良いホストさんで、適度な距離感で接してくださったおかげでとても快適でした。最終日のライブのお知らせをしたら、お友達と一緒に聞きに来てくれるというサプライズ!嬉しかったな〜。

DSC_7809.jpg
滞在中は天候にも恵まれ、近所のアルカイビーチを良くお散歩しました。
DSC_7795.jpg

これまで滞在していたシアトルの東側のベッドタウン、ベルビューともまた違ったいいところでした。
ベルビューに居ると、シアトルの真ん中を経由してレッスンに通うことになるので、観光も出来るけど全体に騒がしいイメージ。あと、滞在先の周辺が高速道路とか幹線道路で、それだけで結構騒がしいイメージではあります。
今回は、ほとんどの時間をウェストシアトルで過ごしている状態だったので、すごく穏やかな、のんびりした感じで過ごしていました。

なんせ道にリスがいる環境。
DSC_7846.jpg
毎日会いました。でも撮影はできませんでした。
だって、「あー!リス!」と思ってスマホを取り出してる間に居なくなっちゃうんだもん。
これは唯一油断した瞬間。なので後ろ姿です。
冬に向けて、何らかを埋めてまわっている様子。
本当に、いいところでした。

実のところ財政的事情で、来年はちょっと無理そうだなあーと思っていたのですが、(毎年そうです
また来年頑張ろうかな、と思い始めています。
ていうか、頑張ります。

さて、今後はシアトル日記、テーマ別記事で公開いたしますね(^^)

☆10月14日(土) スナックロッサは満席となりました。ありがとうございます

☆10月17日(火) 信濃町・ブーズシェルターにて 19時半から
M/S/T Music Party 1500円(別途飲食オーダー)


リンク
お問合せはこちらから
お気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Sue(すぅ)

Author:Sue(すぅ)
Sue(すぅ)


長野県小諸市出身。
 音楽とは無縁の家庭に生まれながらも、6歳からはじめたエレクトーンをきっかけに、以後、部活動などを通じて、三味線・トロンボーン・ヴァイオリンなどを演奏するようになる。
 邦楽・洋楽・クラシック・ジャズ・ポップスとジャンルを問わず音楽に親しみ、吹奏楽団・アマチュアオーケストラなどでの経験を通じてアンサンブル感覚を身につける。
2007年からジャズボーカルを学び、歌い手としてのキャリアをスタートさせる。2012年からは定期的に渡米し、シアトル在住のGreta matassa氏に師事。現地ミュージシャンとの共演を果たす。

自身のライブ活動・イベント演奏のほか、田中恵(Pf)リーダーバンド「Snippy's」にボーカルとして参加。2011年仙台市・定禅寺ストリートジャズフェスティバルに出演、2013年には1stアルバムをリリース。
最近では小林マコト(G)、塩津トモヒロ(Perc)とのユニット「M/S/T(ミスティ)」としての活動を広げている。

講師活動として、長野市・アイミュージックスクールの講師を務めるほか小谷村公民館講座を担当。軽井沢町でも個人レッスンを行っている。

現在はアレクサンダー・テクニークを学びながら、レッスンに取り入れている。
(AT教師ではありません)

Twitter:@aco_sue
facebookもやってます。こちら

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事