ありがとうございました。おやすみなさい。

今朝、とてもお世話になった人が亡くなりました。
この周辺でジャズをやる人だったら、大なり小なり一度は関わったことのある人だと思います。
25年以上続いたお店ですから。
私は、ジャズを習い始めてすぐの頃に、幸運にも歌わせてもらってからのお付き合いでした。
最初はお客さんで。それからバイトもするようになって。
ついカウンターの中に一緒にいると「おとーさん」と呼んでしまうので、よく「娘さん?・・・じゃないよね?」とお客さんに言われたりしました。
ライブをやった後の反省会ではお世辞なしの厳しいことも言ってくれて、でもすごく応援してくれて。
よく転んで怪我するから、お酒飲みすぎないでよ、って、お願いしてました。でも聞いてくれなかったな-。

いろいろ考えて、思い出して、きりがありません。
未だ信じられないのが本音です。
「なんちゃってー。うふふ」って起きてきても、みんなきっと許してくれるよ、マスター。
全然大丈夫。だれも怒らないよ。
いつかこれ歌ってよって言われてた歌も、まだ歌って聞かせてないのに。
「ご冥福をお祈りします」なんて言いたくないよ。そんなの。やだよ。

でももう、お別れを言わないとならないんだね。やだなあ。

内山さん。本当に本当にお世話になりました。
音楽の上で、ほんとにお父さんみたいな人でした。
長い間、お疲れ様でした。お店、ほぼ年中無休みたいなもんだったもんね。
ゆっくり休んでください。
ありがとうございました。
いつかまた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

私はそんなにお付き合いがなかったけど、同じうっちゃんなので覚えてもらって、コナイツ時代も応援していただきました。
とてもとても残念です。
でもみなさんのほうが、つらいだろうなと思うのに、しょっちゅう会った人じゃないから、実感もないし悲しいとかわからないのに、なんか一日涙が出て止まらないんですよ。

Re: タイトルなし

あ、なるほど「うっちゃん」つながりですか。
正直、とても寂しくて、悔しくて、不安です。
リンク
お問合せはこちらから
お気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Sue(すぅ)

Author:Sue(すぅ)
Sue(すぅ)


長野県小諸市出身。
 音楽とは無縁の家庭に生まれながらも、6歳からはじめたエレクトーンをきっかけに、以後、部活動などを通じて、三味線・トロンボーン・ヴァイオリンなどを演奏するようになる。
 邦楽・洋楽・クラシック・ジャズ・ポップスとジャンルを問わず音楽に親しみ、吹奏楽団・アマチュアオーケストラなどでの経験を通じてアンサンブル感覚を身につける。
2007年からジャズボーカルを学び、歌い手としてのキャリアをスタートさせる。2012年からは定期的に渡米し、シアトル在住のGreta matassa氏に師事。現地ミュージシャンとの共演を果たす。

自身のライブ活動・イベント演奏のほか、田中恵(Pf)リーダーバンド「Snippy's」にボーカルとして参加。2011年仙台市・定禅寺ストリートジャズフェスティバルに出演、2013年には1stアルバムをリリース。
最近では小林マコト(G)、塩津トモヒロ(Perc)とのユニット「M/S/T(ミスティ)」としての活動を広げている。

講師活動として、長野市・アイミュージックスクールの講師を務めるほか小谷村公民館講座を担当。軽井沢町でも個人レッスンを行っている。

現在はアレクサンダー・テクニークを学びながら、レッスンに取り入れている。
(AT教師ではありません)

Twitter:@aco_sue
facebookもやってます。こちら

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事