シアトル日記2016【レッスン最終日:新しい道と見えたものと】

皆様お疲れ様です。こちらはただ今913日の夜です。

いやー今日もシアトルは晴れた。晴れました。

サンダルで歩きまわってるので、足、日焼けしました。

油断した。。。。

でも風がとても爽やかです。

水辺の都市なのに全くべたつきません。

早めに行動を開始したのでウォーターフロントをお散歩。

ファイル_002 (4) 

前に一度行ったシアトル水族館を眺めつつ、今日は初乗車の水上タクシーに乗ってレッスンへ。

ファイル_003 (3) 

水上タクシーって言っても水陸両用車とかじゃなくて、自転車が乗れるぐらいのフェリーっつーかボートです。50人乗りぐらい?

あ、水陸両用ってことだと「Ride the Duck of Seattle」という街のどまんなかからみんなして「いぇーい!」とか言いながら走ってって湖にダイブするっていうアトラクションがあるんですが、こないだ死亡事故を起こして大問題になりました。

ファイル_000 (7) 

これね。本当に街の真ん中から始まるツアーです。乗ったことはありません。

さて快適な船旅はおよそ10分。シアトル中心部の全景を見ることができます。いい天気だったので最高の眺めでした。

ファイル_006 (2) 

今シアトルは再開発のまっただなか。あっちこっちで工事が行われています。古い建物が壊され、道が拡張され、街角の薄暗い公園に居たホームレスたちが行き場を失って、オフィス街をさまよっています。ウォーターフロントにもしっかりテントを張っている人もあれば、力なくただうずくまってる人もいて、大きな荷物をカートで押しながら、時折ビルの警備員や警察官と揉めてる人もいます。

なんというか、、、ふと「あの人達と私の、一体何が違うんだろうか?」と考えてしまいます。

ちょっとしたタイミングで、私も「ああなってしまう」かもしれない。いや、もちろんそうならないための努力はするでしょうが、でも、そんなものとは関係なくあっちに引きづられることだってあるんじゃないだろうか?と。


楽しいレッスンも今日でおしまい。

今後のことなども相談に乗ってもらって、明日は本番です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
お問合せはこちらから
お気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Sue(すぅ)

Author:Sue(すぅ)
Sue(すぅ)


長野県小諸市出身。
 音楽とは無縁の家庭に生まれながらも、6歳からはじめたエレクトーンをきっかけに、以後、部活動などを通じて、三味線・トロンボーン・ヴァイオリンなどを演奏するようになる。
 邦楽・洋楽・クラシック・ジャズ・ポップスとジャンルを問わず音楽に親しみ、吹奏楽団・アマチュアオーケストラなどでの経験を通じてアンサンブル感覚を身につける。
2007年からジャズボーカルを学び、歌い手としてのキャリアをスタートさせる。2012年からは定期的に渡米し、シアトル在住のGreta matassa氏に師事。現地ミュージシャンとの共演を果たす。

自身のライブ活動・イベント演奏のほか、田中恵(Pf)リーダーバンド「Snippy's」にボーカルとして参加。2011年仙台市・定禅寺ストリートジャズフェスティバルに出演、2013年には1stアルバムをリリース。
最近では小林マコト(G)、塩津トモヒロ(Perc)とのユニット「M/S/T(ミスティ)」としての活動を広げている。

講師活動として、長野市・アイミュージックスクールの講師を務めるほか小谷村公民館講座を担当。軽井沢町でも個人レッスンを行っている。

現在はアレクサンダー・テクニークを学びながら、レッスンに取り入れている。
(AT教師ではありません)

Twitter:@aco_sue
facebookもやってます。こちら

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事