【長野市・一茶】ほのぼの〜な懐かしい居酒屋さん。

今年になって、新久千映さんの「ワカコ酒」という漫画にドハマリしてしまい

益々一人呑みに拍車がかかってしまっているのですが、行きつけのお店はどちらかと言うと「じっくり味わってゆっくり呑む」というペースに向いていて、もっとコンビニ的に便利な感じで行けるお店はないかしら、、と思っていたところ。
ネットで「一茶」という緑町通りにあるお店を見つけて、試しに、と行ってみました。

入ってみると、ご主人の威勢のいいご挨拶が。
カウンターにテーブルに小上がり。
長さも奥行きもある立派なカウンターはキレイに磨かれていて好印象。
車だったので、ノンアルコールビール。
とにかく小腹を満たしたいなーと思っていたので、お野菜系のおつまみを2種ほど注文。
テレビでは男子スピードスケートが中継中。
お客さんそれぞれ画面を気にしてました。

まずやってきたのがごぼうの唐揚げ。
15センチぐらいの長さのごぼうが、からりんと。

外はサク!んん!?ごぼうってこんなに甘かったっけ?
シコシコ・ほくほくとした歯ごたえが程よく残ったあまーいごぼうと衣のしょっぱさ。
出てきた瞬間「うお、これはボリューミー」とちょっとびびったのですが、なんのなんの。
こんなもんぺろりんです。テレビ見ながら永久運動でぺろりんです。
そこをぐっとこらえて、ノンアルビールでちびちびと。。。

もう一品は「えびアボカド」これもまたいいボリュウム。
しっかり辛いわさびマヨネーズにポリッと感じるスパイスは「黒胡椒だ!」
エビはぷりぷり、アボカドまったり。
うん、これはもうゴールデンコンビ。間違い無し。



テレビを見ながら、女将さんや大将と「すごいねえ」だの「惜しかったねえ」だのとおしゃべり。
ぱっ見愛想のない感じに思えるけど、声をかけてみるといい感じのおとうさんとおかあさんでした。

隣のお客さんの餃子がすごい気になったけど、まさかじーっと見てるわけにも行かず、、、、
メニューには「手作り餃子・シュウマイ」の文字。
うほー、でももうお腹いっぱい。
気になるメニューがいっぱい有ったので、また行ってちびちびやりたいと思いますw
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
お問合せはこちらから
お気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Sue(すぅ)

Author:Sue(すぅ)
Sue(すぅ)


長野県小諸市出身。
 音楽とは無縁の家庭に生まれながらも、6歳からはじめたエレクトーンをきっかけに、以後、部活動などを通じて、三味線・トロンボーン・ヴァイオリンなどを演奏するようになる。
 邦楽・洋楽・クラシック・ジャズ・ポップスとジャンルを問わず音楽に親しみ、吹奏楽団・アマチュアオーケストラなどでの経験を通じてアンサンブル感覚を身につける。
2007年からジャズボーカルを学び、歌い手としてのキャリアをスタートさせる。2012年からは定期的に渡米し、シアトル在住のGreta matassa氏に師事。現地ミュージシャンとの共演を果たす。

自身のライブ活動・イベント演奏のほか、田中恵(Pf)リーダーバンド「Snippy's」にボーカルとして参加。2011年仙台市・定禅寺ストリートジャズフェスティバルに出演、2013年には1stアルバムをリリース。
最近では小林マコト(G)、塩津トモヒロ(Perc)とのユニット「M/S/T(ミスティ)」としての活動を広げている。

講師活動として、長野市・アイミュージックスクールの講師を務めるほか小谷村公民館講座を担当。軽井沢町でも個人レッスンを行っている。

現在はアレクサンダー・テクニークを学びながら、レッスンに取り入れている。
(AT教師ではありません)

Twitter:@aco_sue
facebookもやってます。こちら

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事